muscle_nabe’s blog

奈良と鍋を愛するマッスル鍋の公式ブログです。

行くぜ、ボヤキの湯

いろいろな縁があって、福井県越前大野までやってきました。名水の湧く城下町には、奇跡的に渋い風呂屋が3軒も現役です。

f:id:muscle_nabe:20210719224612j:image

なかでも、お世話になったゲストハウス「荒島旅舎」さんがプッシュしてくれたのが、お城の山のそばにある亀山湯さんでした。

出迎えてくれた大将、最近まで土曜日の営業をやめていたんだけど、いざ復活させたら全然客が入らなくて、忘れられちゃったのかなとボソボソ。

f:id:muscle_nabe:20210719225150j:image

1人だけで回しているし、後継はいないし、誰も入りに来ないし、燃料は足りないし、いつ設備がやられるか分かんないし…と大将のネガティブな発言はその後も止まらず。

半年ほど前に取材にやってきた公共放送のドキュメンタリでは「ボヤキの湯」と名付けられてしまったんだと、これまた自嘲気味に話してくれました。

f:id:muscle_nabe:20210719225146j:image

ふと、新聞記事のスクラップを取り出すと、そこには「亀山湯 廃業の危機」の大見出し。大将のボヤキも新聞特有の書き方で活字にされると、余計に緊迫感が増します。

f:id:muscle_nabe:20210719230529j:image

けれどもこのやり取り、風呂おたくならどこかしらの湯で経験済みなのでは。

後ろ向きな言葉のすき間からひしひしと、あっこの人めちゃくちゃデレてるなってのが伝わってきます。悪いことばかり書かれた記事を見ながら「あの記者俺が喋ったことそのまんま書きやがった」なんてボヤいてるあたり、もう確信犯ですやん。そして、もっといろんな人に、ここまで入りに来てほしい——。そんな願いもにじませているように思えました。

f:id:muscle_nabe:20210719232002j:image

名水を沸かした熱々の湯は、指をつけると湯に触れている部分との境があいまいに思えるほど軟らかく、一気に温まります。

広い脱衣所の頭上にぶら下がる年季の入ったファンは現役。非日常にすら思えるノスタルジックな空間は、住民からすれば当たり前にあるいつものお風呂です。そのギャップから、旅情が次々と染みだして止まりません。

f:id:muscle_nabe:20210719233033j:image

亀山湯さんは新聞に書かれたような一刻を争うほどの状況ではさすがにないと思いますが、ピンチなのはピンチです。独善的でしょうけど、そんな時に旅の者が気分よく浸かりにやってくるだけでも、それが何コンボ続くかによっては、せめて大将のモチベーションを上げる力くらいにはなると信じてやみません。

f:id:muscle_nabe:20210720102117j:image

このコロナ禍にあっても、大将は遠くからやってくる者に心を開いてくれています。「助けたい」だなんて気取らないでふらっと入って「ここいいなあ」でボヤキを迎撃しちゃいましょう。近々再訪します。

※施設内の撮影は許可を得ています

メイドイン五條を着ろ

いきなりやってきた酷暑の連続、皆さんついてこれてませんよね。そもそもなんで服を着ないとダメなのかと長考するのも決まってこの時期です。誰が決めたわけでもないのに、わざわざ装ってまであえて快適でない状態にするというのは、ほんとうは納得がいきません。

やぶ漕ぎでもしない限りこの夏も軽装で過ごしたいと願っていたところ、最近マッスル鍋激推し(?)の奈良・五條が産んだというすばらしい衣類と衝撃的な出合いを果たしました。

f:id:muscle_nabe:20210719233942j:image

もんぺ。これもんぺなんです。

郡山大門湯さん向かいの書店「とほん」さん内で今だけのストアが展開されています。開口一番太平洋戦争みたいなどと最低な感想を口走ったためにまあ落ち着けよとばかりに試着を促され、即時感動。1分後には持ち帰っていました。

釜窪にあるという「もんぺや」さんが手がける製品は、紺地に紋様が入った「いかにも」なものから、明るめの1色だけのものまでさまざまです。締めつけ感がなく、通気性もあってとにかく楽。いい買い物でした。すごいな五條。

そういえばもうひとつ、特筆に値する五條・アパレル・トピックがあります。

f:id:muscle_nabe:20210719130643j:image

あの栄湯さんが、Tシャツを作りました!

※まだ定番グッズにはなっていません

f:id:muscle_nabe:20210719234011j:image

大将の息子さんがデザインしたという大きな「栄」マークが背中にどーんと入って、法被のようでめちゃくちゃにかっこいい仕上がりになっています。

フロントは何も入っておらず、好きにカスタマイズできます。ちょうど先日、京都の源湯さんが継業2周年を記念して「温泉マークの刺しゅうサービス」をされていたので、胸元に入れてもらいました。

f:id:muscle_nabe:20210719234022j:image

まさに奈良と京都の湯屋の融合。世界で1着だけとなる風呂Tの完成です。これを着てしまえば銭湯に行かざるを得なくなります。大きな浴槽に浸かれば汗も引き、快適な夏を過ごせることでしょう。

この夏は上下ともメイドイン五條。年々深刻さを増す暑さ問題の最強の切り札がここに。

f:id:muscle_nabe:20210719142923j:image

☆郡山とほんさんのもんぺストアは7/28まで、木曜定休。

☆栄湯T、残念ながら定番グッズではありません。どうしても欲しければ大将に相談か。正直服よりも浸かりに来てほしい。6の倍数日定休。

今さらながら'20-'21シーズンの鍋を振り返る

タイトル通りです。奈良も梅雨明けですかな。

f:id:muscle_nabe:20210711142325j:image

ロゴがしいたけマークになって最初のシーズンでした。10月31日の開幕投手は2期連続で魚智水産さんのブリ。分かってたけど美味かったなあ。

f:id:muscle_nabe:20210711142604j:image

夢のような冷蔵庫

開幕2戦目は奈良で作っている春雨を初投入しました。手づくりゆえに若干太さにムラがあって、それがよくダシを吸い込んでくれます。食感はぶるぶるもっちもち。いい具材と出合えました。

f:id:muscle_nabe:20210711143215j:image
f:id:muscle_nabe:20210711143211j:image

未知の感染症にビビりながらも、年内は2回、カフェと民泊を貸し切っての鍋ができました。別記事になるのでここでは割愛します。

個人的にもう一度味わってみたいのは魚智水産さんで買ったはまぐりの鍋かなと。もんのすごい出汁でした。やさしくても旨みしっかり。

しかし、年末にかけて世間の感染状況が悪化。鍋パクラスターなんて事例も電波に乗ったりして、鍋納めと初鍋はリモート開催になりました。

それからというもの、初期を思わせる2人とか3人だけの鍋が続きました。毎回メンバーはバラバラでも、細々と続けることはやめませんでした。

春。閉幕の時期に三たび感染状況が悪くなり、結局はシーズン最終回もリモートになってしまいました。トータルで16回鍋をしたようですが、何かが失われたようで、あまり実感がありません。

へんな言い方ですが、16回もしておいてよく感染が出なかったなとも思います。適宜リモートにしたり、リアルでも換気や手洗い、いろいろなものの消毒に取り組んだくらいで、これといった工夫はしていません。却ってその基礎的な部分が重要なポイントだったとも言えます。

それよりも、鍋に集うみんなが鍋以外の場で罹らないように日々行動していたことがすべてなのでしょう。まだしばらくはマッスル鍋にとっても暗い時期が続くと思いますが、まずはこのシーズンを健康で乗り切れたことに感謝したいです。

マッスル鍋グループ7月人事異動

f:id:muscle_nabe:20210704190545j:image

東京転勤が決まったメンバーを送り出す鍋をしました。

人を招いての鍋は久しぶりで、かつ季節外れなので謎に緊張したけど、〆までおいしくいただきました。

働きだすまで、7月にも別れのタイミングがあることを知らなかったもので、いまだに不思議な感じがあります。

f:id:muscle_nabe:20210704191314j:image

持ってきてくれた青谷梅と、用意した奈良三諸杉との梅酒対決になった

鍋界隈だと、大学を出ても比較的奈良の近所で就職していく人が多いです。だからこれからも鍋に来れるぞといって喜んでいても、ブランチに異動してしまうのはどうにもなりません。

f:id:muscle_nabe:20210704212149j:image

久々の船橋鶏で鶏塩鍋。やっぱうまいわ

そうなればみんなにとってできるだけ、鍋を過去の「思い出」にさせないようにやっていくしかないので、これからは関東への鍋合宿なんかもあるでしょう。何がともあれ、彼の新天地での活躍を祈るばかりです。

f:id:muscle_nabe:20210704210052j:image

さみしい話題といえばもうひとつショックなことが。船橋通りの「八百又」さんで売られていた豆腐の「平井食品」さんが廃業されていた事実を知ったのです。

それも実はもう2年も前のことで、原因は機械の故障。修理にとてつもない額の費用がかかるため、悔しい中での店じまいとなったそうです。

なんだか銭湯にありそうな話です。こればかりは「思い出」として保存するほかないのでしょうか。

奈良の風呂に浸かろう!

第7シーズン途中から急に始まったツイッターの、【奈良の風呂に浸かろうのコーナー】。

ここまで9件アップしていたようです。

f:id:muscle_nabe:20210505202154j:image

始めたきっかけ?はここ、高田の中央温泉さんで、男女一斉にドライヤーを使ったらブレーカーが落ちてしまった場面に遭遇したこと。髪を乾かしていた客は遠くから来たような人と見え、風呂屋の主人と顔を合わせて笑っていました。

このときのゆるゆるな感じがたまらず、ただ入浴するだけじゃない風呂屋の面白さを何となく投稿したくなったのだと思います。実際はチラシの裏みたいな投稿ばっかりしてましたが、せっかくなので一気に振り返ります。

高砂湯さんは高田駅前にある人気店です。とにかく湯加減がよく、シンプルなのについ長湯してしまいます。

郡山の柳町商店街にある大門湯さん。440円でサウナも露天も楽しめるんですが、実は電気風呂が最強です。初心者は自粛推奨レベル。

日帰り温泉も分け隔てなく紹介します。奈良市(ほぼ三重に近いけど)で大内山牛乳が飲める浴場はここだけ。みかん風味が強くておいしいです。

このとき以来、五條の栄湯さんには何度も足を運んでいます。熱くやわらかな湯、渋い建物、男前なご主人。何かしら強く惹かれる要素があるので、遠くても訪問する価値は十分にあります。

立地といい建物といい、ポテンシャルの高い大西湯さん。休業日が増えて心配なところですが、これからも無理なく沸かし続けてほしいです。

奈良の公営スパはどこも気合が入った建物ですが、御所もすごいです。感染症対策の面でも、県内で一番徹底されているように感じました。

奈良町唯一の銭湯になった花園新温泉さん。周りの雰囲気も含めて、とろけそうなくらい人間にやさしい趣があります。

最新の投稿は敷島温泉さんでのエピソードでした。マクドで待ってるし、みたいなノリで風呂屋に集合が掛かる高校生活、いいなあ。彼らは湯上がりに森永コーヒーを一気飲みし、最高と言いながら帰っていきました。

f:id:muscle_nabe:20210505201010j:image

いま、各地で「銭湯復活」のムーブメントが起きている中ですが、奈良の風呂はそれほど盛り上がっていないと感じます。数は少なけれど、小さな銭湯から日帰り温泉まで、「奈良の風呂」だって気持ちいいし楽しいし、浸かりにくる人が1人でも増えればなと思う日々です。

プレイバックマッスル鍋 2016.2.19 #48「奈良オールスター鍋」

150回近く奈良で実施してきたマッスル鍋の歴史をひもとくコーナー「プレイバックマッスル鍋」。今夜振り返るのはちょうど5年前にあった「奈良オールスター鍋」です。

貧乏下宿大生が集まって奈良の冬を乗りきるために始めたマッスル鍋初期は、とにかく費用を抑えるために、業務スーパーなんかで具材を一気に揃えていました。

f:id:muscle_nabe:20210425211214j:image

そこから、専門店を回って揃えてみようという話になったのは、マッスルコミッショナーが就活を控えた春のことでした。このときくらいから、マッスル鍋は単なる腹ごしらえから、奈良での思い出づくりへと目的が変わりつつあったように思います。

「奈良オールスター鍋」だなんてなかなか大げさなタイトルですが、このとき回ったのは下宿から自転車で行ける範囲のみでした。

手貝町の向出醤油さんは、のどかな雰囲気の蔵が気に入っています。果実感の強いポン酢とはここで初めて出合いました。

ご存知きたまち豆腐さんは、当時後輩がアルバイトに入っていました。1丁の豆腐に300円出すのは勇気がいりましたが、これを初めて口にしたときのインパクトはこの日参加した面々の舌に残り続けていることと思います。

足を使って集めた、それぞれの一番星。

いっぺんに煮込んで、食した後の満足感はこの上ないものでした。

今や専門店を回る買い出しはマッスル鍋では当たり前。当時からすれば毎日が「オールスター鍋」のようです。

そこから、奈良を飛び出し知らない街のお店を巡って鍋をする"鍋合宿"にもつながっています。地産地消とか食育うんたらかんたらとか意識高そうなことは置いといて、買い物の時点から鍋って楽しいんですよねえ。

憧れの果て、鄙びの絶頂

f:id:muscle_nabe:20210405222654j:image

その湯のことはもう、思い出そうとするたびに、脳内でアメ色のフィルターが濃度を増して——

いや、大げさな話ちゃうんです。

今はなき奈良・勇湯でレトロな風呂屋の居心地のよさに気づいてから6年。作り物でない脱力感を求め続けていたら、ついにここまで来てしまいました。

f:id:muscle_nabe:20210405223413j:image

やって来たのは鹿児島県。指宿の弥次ヶ湯、村之湯で県外者の入浴を断られた後、まあ仕方ないよなあと自らを納得させながら1日4便のフェリーで大隈半島側へと渡ります。

f:id:muscle_nabe:20210405224439j:image

ここからバスに乗り継いで旅行を続けるんですが、1日を通してあまり接続がよくなく……ただ、最終便同士は20分ほどの待ち時間になります。

そう。フェリーもバスも乗るのは最終便なので、一度バスを降りるとそこで1日の行程は打ち切り。風呂屋の近くのゲストハウスを取っていますが、風呂屋が無ければそこに滞在することも考えなかったでしょう。

「大根占」で下車。あまり詳しくない地図をたよりに少し歩きます。

f:id:muscle_nabe:20210405225215j:image

最初にその姿を見たとき、正直手遅れだったかと思いました。ここまで来て、入れずに終わるのかなと。

f:id:muscle_nabe:20210405225535j:image

でも、入り口がちらり。「梅乃湯」と書かれた看板の奥に人の姿が見えました。

そこは、ウソみたいな日常空間への扉でした。

f:id:muscle_nabe:20210405230353j:image
f:id:muscle_nabe:20210405230350j:image
f:id:muscle_nabe:20210405230357j:image

f:id:muscle_nabe:20210405231332j:image

自分は今、鄙びの絶頂にいる。

あまりの感動で、シンプルな浴槽から出てこられなくなりました。

不思議がられながらも常連さんたちと話し、女湯から上がってきた90歳のおばあさんが歌い踊る姿にみんなで笑っていたら、すっかり周りは真っ暗に。

徒歩圏にあるゲストハウスのご主人いわく、梅乃湯目当てのお泊まりは初めてだし、2時間半もいたんですか、と。

また来ると言ったら、街の人は誰もが「正気か??」ぐらいのトーンで疑ってくるのでおかしかった。この湯が沸き続ける限り、いくらでも行きます。

 

☆訪問は2021年3月でした。浴室内は撮影許可を得ています